現在位置: 図書館 > 電子ジャーナル > ブラウザの先読み機能について

ブラウザの先読み機能について

電子ジャーナルおよびデータベース利用の際、ブラウザの「リンク先読み機能」によりバックグラウンドでの意図しないアクセスが行われ、大量ダウンロードとみなされることがあります。
先読み機能は以下の設定により無効とすることが可能です。

Microsoft Edge

[設定]--[詳細設定]を開き、「ページ予測を使って閲覧速度の向上、読み取りビューの改善、全体的な使用感の向上を図る」をオフにします。

Internet Explorer 11

[インターネットオプション]--[詳細設定]を開き、「ブラウズ」中の「パフォーマンスを最適化するためにサイトとコンテンツをバックグラウンドで読み込む」のチェックをはずします。

Google Chrome

画面右上で、その他アイコン その他 → [設定] の順にクリックします。
下の方にある [詳細設定] をクリックします。
[プライバシーとセキュリティ] で [予測サービスを使用してページをより迅速に読み込む] をオフにします。

Mozilla Firefox

アドレスバーに「about:config」と入力してEnter キーを押します。
「動作保証対象外になります!」という警告ページが表示されたら、「危険性を承知の上で使用する」をクリックします。
※以降の作業は慎重に行う必要があります。
「network.prefetch-next」を「false」にします。

Safari (Mac)

メニューバーの「Safari」から「環境設定」をクリックします。
「検索」タブをクリックし、「バックグラウンドでトップヒットを事前に読み込む」のチェックをはずします。