現在位置: 図書館 > 図書館利用案内 > 図書館利用案内(学内者)


図書館利用案内(学内利用者)


図書館を利用するためには、「図書館利用申請書」を提出し、利用の許可を受けてください。入館、貸出にはお手持ちの教職員用または学生証のICカードが必要です。 (以下ICカードという)。ICカードをお持ちでない方には、図書館専用のICカードを発行します。

開館時間・休館日

開館時間


通常開館時間

期間
開館時間
月曜日〜金曜日
通常期
午前9時〜午後7時
春期・夏季・冬季休業期間中
午前9時〜午後5時

開館時間外利用時間

期間
開館時間
月曜日〜金曜日
通常期
午前6時〜午前9時
午後7時〜午後11時
春期・夏季・冬季休業期間中
午前6時〜午前9時
午後5時〜午後11時
土曜日・日曜日・祝日
通年
午前9時〜午後7時
利用するには申請が必要です。
学生は利用できるエリアに制限があります。

開館日、開館時間は開館カレンダーで確認できます。

休館日

  • 土曜日
  • 日曜日
  • 国民の祝日
  • 12月29日〜1月3日
  • 蔵書点検その他停電など臨時休館日

時間外開館利用

本学の教職員・学生等で、「図書館利用申請書」を提出し時間外利用について館長の許可を受けた者が利用できます。
利用時間は開館時間外利用時間をご覧ください。なお、年末年始は完全休館のため利用できません。

利用範囲

教職員、大学院生等
MD-PhDの学生含む
閲覧室(南、北)・南書架・書庫・情報検索室・情報管理室
展示館視聴覚教育室
学部学生 南閲覧室・情報検索室・北閲覧室(但し授業期間のみ。長期休暇期間は利用不可)
展示館視聴覚教育室
  • 資料は、全て館内閲覧のみで貸出しは行いません。
  • 利用範囲にあるPCが利用できます。

利用できる場所は「館内案内図」で確認してください。

入館

入館カードリーダー
  • 図書館入口左側にあるカードリーダー下半分の読取部に「ICカード」を当てて読み取らせてください。(1人ずつ「ICカード」を当てて入館してください。)カバーをあける必要はありません。
  •   
  • OKに緑のランプがつき「操作を受付ました」と表示されドアが開錠しますので、ドアを押して入館してください。ドアは閉じると自動的にロックされます。
  •   
  • 照明は必要な部分を点灯してご利用ください。
  •  
※平日の開館中から継続して利用される場合は一度退館して再度入館するようになります。放送が流れますので職員の指示に従ってください。
※ 申請されていない場合、NGに赤いランプがつき「許可されていません」と表示され、ドアも開錠されません。後日カウンターで申請してください。
※ 教職員の方は、各室入口のカードリーダーに「ICカード」を当てるとドアが開錠します。退室する場合は「ICカード」での操作は必要ありませんが、情報管理室、1階南書架から出る場合は開錠ボタンを押してからドアを開けてください。
(北閲覧室は授業期間には開放しております。)

退館

退館カードリーダー
  • 入館方法と同じく玄関風除室内の「退館用カードリーダー」に「ICカード」を当てて読み取らせてください。ドアが開錠して退館することができます。( 退館時も1人ずつカードを当ててください。)ドアは閉じると自動的にロックされます。
  • デスクライト、天井照明は使用後、他の利用者の有無を確認して消灯してください。
  • 閉館時刻になると照明が自動的に消灯します。なお、警備員が閉館時刻には見回りを行っております。閉館の音楽が15分前に流れますので、利用時間内の退館にご協力をお願いします。

貸出・返却

  単行本 雑誌 視聴覚資料
貸出冊数 期間 貸出冊数 期間 貸出冊数 期間
教職員等 10冊 3週間 10冊 1週間 5点 1週間
学部学生 5冊 3週間 5冊 1日 3点 1日

貸出

  • 借りたい資料と一緒に「ICカード」をカウンターに提示して下さい。
  • 「図書自動貸出返却装置(ABC)」を利用すると、図書の貸出を利用者自身で行うことができます。雑誌の貸出はカウンターでお願いします。 貸出は通常開館時間内に限ります。(ABCも同様です。)
  • 延長は1回のみ可能ですが、予約が入っている場合は延長できません。「マイライブラリ」にログインすると、オンラインで延長の手続きができます。
  • 利用したい資料が貸出中の場合、予約して返却された時に連絡をもらうことができます。その場合は「マイライブラリ」から予約することができます。

返却

  • 資料は、カウンターまたはブックポストに返却してください。ブックポストは、センター入口、カウンター前通路、5号館のロビーにあります。
  • 自動貸出返却装置(ABC)」を利用すると、図書の返却を利用者自身で行うことができます。 返却日を2カ月経過しても返却されないときは、新規の貸出を停止します。

貸出禁止資料

  • 参考資料(辞書・事典・索引誌等)
  • 新着雑誌(受入日より1ヶ月を経過しない雑誌)
  • 視聴覚資料の一部(DVD、ビデオ、CD-ROM等)

資料をみる

カウンター

図書の貸出、返却、情報検索、参考調査、学外文献の申込み、その他図書館利用に関する案内を行っています。
図書館に関してわからないことは、すべてここでご相談下さい。

蔵書検索(OPAC)

雑誌(電子ジャーナル含む)および単行本の検索ができます。 蔵書検索(OPAC)
はこちらをご利用ください。 単行本・雑誌のタイトル・著者(作者)等から探すことができます。館内には2階南書架前に3台、2階北閲覧室に1台OPAC端末があります。

単行本

当館所蔵の単行本は、2階南閲覧室および南側1階書庫に「日本十進分類法」(NDC)によって配架されています。必要な図書の有無を調べたいときは、「蔵書検索(OPAC)」で検索してください。
参考資料・辞書類は2階南閲覧室、および1階北閲覧室に、揃えられています。

雑誌

2階北閲覧室の新着雑誌コーナーに欧文、和文別々にABC順に配架されています。雑誌を探すときは「蔵書検索(OPAC)」で所蔵年・巻号を確認してください。
新着雑誌は、受入日から1ヶ月間貸出禁止です。
バックナンバーは、棚の中に入っています。巻号の揃った雑誌は、製本して下記の場所へ配架されます。

場所
配架雑誌
2階北閲覧室書架
欧文雑誌(1980-)  A-L
中2階書架
欧文雑誌(1980-)  M-Z
中2階電動書架 福島県関係資料 MOOK ほか
1階北閲覧室書架 和文雑誌  A-Z

電子ジャーナル・データベースの利用

電子ジャーナル(インターネットを通じ、雑誌に掲載された論文記事を読むことができる。) 図書館ホームページ「電子ジャーナルリスト」または「蔵書検索(OPAC)」からご利用ください。
Aデータベース(インターネットを通じ、情報検索するための二次資料)図書館ホームページ「データベース」からご利用ください。

PCの利用

館内に設置してある端末機を利用して、ネットワークシステムの利用や文献検索ができます。情報ネットワークシステムのログイン名・パスワードを入力してご利用ください。
情報ネットワークシステムの詳細については、「情報ネットワークシステム」をご覧ください。

情報検索コーナー(4台) 2階北閲覧室
情報検索室(16台) 2階南閲覧室
視聴覚コーナー(3台) 2階南閲覧室
グループ閲覧室(2台) 1階北閲覧室
展示館視聴覚教育室(22台) 展示館

複写(コピー)について

図書館内の資料については、利用者の調査研究のために著作物の一部分を一部複写することが認められています。複写を行う場合は、著作権法に基づいて、適正にご利用ください。
@コピー機は、2階北閲覧室(カラー・モノクロ両用1台、モノクロ1台)、南閲覧室(モノクロ1台)に設置されています。複写料金はモノクロ1枚10円、カラー1枚50円です。プリペイドのコピーカードをご利用ください
Aコピーカードは、100度1,000円(1度10円)で販売しております。自動販売機がカウンターの前の通路に設置されていますので、こちらで購入してください。

当館にない資料の入手

申込み

当館にない資料や文献は、相互貸借制度等を利用して他機関より入手できます。「文献複写申込書」に記入のうえ、カウンターで申込むか、Web申込の「マイライブラリ」をご利用ください。 なお、原則として13時まで申込の分について当日受付になります。詳しくは「学外文献複写申込(学内者のみ)をご覧ください。

ふくふくネット

福島県立図書館・福島大学図書館から本を無料で取り寄せることができます。 また、県立図書館・福島大学図書館で借りた本の返却をカウンターでお預かりすることができます。詳しくはカウンターにお尋ねください。

利用上の注意

  • 図書館をその目的以外には利用しないこと。
  • 館内では、静粛を守り他の者の迷惑になる言動は行わないこと。
  • 盗難防止のため、貴重品は必ず身につけること。
  • 火災予防に留意すること。
  • 設備・備品等を破損又は滅失しないこと。
  • 図書館資料は、利用後所定の場所に返却すること。
  • 貸出手続きを受けていない図書館資料は、館外には持ち出さないこと。
  • 館内では、飲食をしないこと。但しふたの閉められる飲み物の持ち込みは可能です。


現在位置: 図書館 > 図書館利用案内 > 図書館利用案内(学内者)